Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2006.02.15

光と影

?こんにちは、田中です。卒業設計の<再>提出期限まであと2日です。皆さん進んでいますか?再々提出はありませんから心して取り組んでくださいね。期限を守る、時間を守る、約束を守るという事はつまるところ相手(この場合、講師や同級生)に対して誠意を示す第一歩でありコミュニケーションの最初のステップだと思います。いくら理屈や言い訳を重ねても最初のハードルも越えられないようでは発言力は持てないですし、また相手には伝わりません。自己中心的な考えにならずに絶えず自分を取り巻く状況を考えながら行動して下さい。
 今週は有志で岸上先生のお師匠さんに当たる鈴木恂先生の最終講義を早稲田大学に拝聴しに行きました。その際に鈴木恂~吉阪隆正~コルビュジェという師弟繋がりの一連の建築を見てきました。非常に迫力があり、どれも力強いものでした。その中でコルビュジェの孫弟子に当たる丹下健三の「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」を観てきました。有名な建築なので僕も本などでその写真は以前から観ていました。しかし実際に現地に行くと一階は松田聖子も挙式を挙げた大聖堂になっているのですが、実はその地下には地下聖堂があり、そこから納骨堂につながっていました。そこがなんとも言えない霊的な静寂の空間があり、上の空間と地下の空間の対比が陽と陰というかある意味「光と影」といった不思議な感覚になってしましました。洗礼と挙式と懺悔と葬儀そして慰霊が一体となっている空間に不思議な纏りを感じました。やっぱり見に行って初めて分かるものってありますね。ちょっとだけ写真をアップしておきます。
 皆さんも是非いろいろな建築を見て、ただ見るだけでなく自分の感覚に刻み込んで下さい。
 では、また学校で会いましょう。