Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2006.08.03

リアリティとエンターテイメント

 こんばんは、田中です。突然ですが、このブログのスペースですが「MSNスペース」から「WindowsLiveスペース」に変わったようです。僕も今日知りました。ちょっとびっくりです。どんな機能が増えたのかわかりませんが、とりあえず今までどうりでアップしてみます。
 ところで、昨日の亀田興起のタイトルマッチを観ましたか?一夜明けてあの判定に賛否両論ですがちょっと後味が悪いですね。僕もボクシングについては素人なので判定の基準というのはまったく分かりませんが、しかし、ダウンして、しかも後半明らかにふらついて足元が定かでない方がチャンピオンというのは、ちょっと説得力に欠けますね。
 別に亀田興起君がどうこうというわけではありませんが、周囲の演出がいかにも「亀田興起の父と子のチャンピオンロード」というストーリーありきで尚更、茶番チックに感じてしまいました。大晦日に初防衛戦の企画が進行しているとなれば当事者と関係がない所で物事が進んでいる気さえします。「Make ドラマ」も行き過ぎると八百長と紙一重ですね。
 しかし、ボクシングだけでなく世の中にはストーリー仕立ての物が多いですよね。ビジネスでは「時代の寵児」が次々出てきて、政治では「小泉劇場」と言われるように誰かが画いたストーリーの中である結末に向かって物事が勝手に決まっていきます。それを拒む力を誰も持っていません。
 僕らの身近な建築でさえも作家仕立ての物語が付き纏います。勿論、様々な背景から建築は作られて行くのだと思いますが、物を離れてストーリーが一人歩きしていくような、言ってみればストーリーがなければ物そのものからは何も感じられないような建築というのはある種の「エンターテイメント」でしょうね。
 スポーツも建築も、大切なのはリアル(現実)であり、現実からかけ離れていってはその物の存在価値さえ失っていくのではないかと思います。現実の中からドラマや物語は生まれますが、ドラマや物語に合わせて現実は起きません。その違いを見失っているような気がします。
 過去にドラマを求めたプロレスが衰退し、よりリアルな総合格闘技が生まれたわけですが、ボクシングも、そして建築もそんな道を歩むのでしょうか?ちょっと考えさせられました。