Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2006.11.24

ダイヤモンドシティ

 こんにちは田中です。風が冷たくて寒い季節になりましたね。僕もちょっと気の緩みから風邪を引いてしまいました。喉の不具合と鼻水に苦しめられています。皆さんも気をつけて下さい。
 昨日は祝日でしたが売る家も無いので久々に仕事を休んで近所に出来た「ダイヤモンドシティ」に行ってきました。いや、でかいショッピングモールです。もともと「椿本チェイン」の跡地で土壌汚染の法律が変わる瀬戸際の土地で、見事に土壌汚染に引っかかって暫く開発が頓挫していた土地でした。ようやく利用できる形になった、というわけです。
 しかし、最近、大規模複合店舗がめちゃくちゃ多いような気がします。たとえばこのダイヤモンドシティの近所には「フレスポ東大阪」や「カルフール」「大日ショッピングモール」「ジャガータウン」などなど5km~10㎞圏内に多数大型ショッピングモールが存在します。今、世の中はそんなに景気が良いのでしょうか?貧乏なのは我が家だけ?・・・・・っと考えさせられてしまいます。
 最近、工場跡などが土壌汚染の規制が厳しい為、住宅・ホテル等の居住スペースとしての開発が出来ないと言うことがあります。又、小泉構造改革の規制緩和により大店舗が出店しやすくなったという事があります。そういったロケーションの中でシネコンや複合型ショッピングモールというのは今のトレンドかもしれません。しかし、商売の基本は「需要と供給」、果たしてその行く末は・・・・ちょっとあの「ダイエーの栄枯盛衰」を思い起こしてしまいました。それともバブルの前兆かも。
 しかし、思うのですが最近の携帯電話のポータビリティにしても結局はシェアの食い合いです。「勝ち組・負け組」と言われて久しくなりましたが、所詮、パイの食い合いです。新しいシェアの創出や倍増という発想が減ったように思います。。新しいシェアの創出や倍増をすれば「負け組」という発想はなくみんなが勝ちに行けるのでは無いかと思います。「土壌を育て、果実を増やす」というのは農耕民族の日本人にはきっと気性に合うと思うのですが。でも最近は欧米の狩猟民族的な考え方が多いですね。きっといつかその反動がくるのだろうと思います。1990年代に日本人には不釣り合いなマネーゲームが一世風靡した為にその反動でバブル崩壊、デフレスパイラルと陥りましたが、今のこの「勝ち組・負け組」社会の反動には何が起きるのでしょうか?ちょっと考えさせられます。
 では、学校で会いましょう。
◇◇◇◇  総アクセス数 5733(11/24 現在)  ◇◇◇◇