Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2006.12.14

愛しの せれな

 こんばんは田中です。皆さん風邪を引かずに元気にしていますか?僕はようやく風邪から抜け出せたようで、ようやく体調が戻ってまいりました。ついでに体重も元に戻ってしまい風邪ダイエットは失敗です。(当たり前か)
 2006年の講義も終わってしまいましたね。終わってしまえば早いものですね。しかも卒業設計提出まで残すところ ~~たったの 58日~~ です。2ヶ月を切りました。多くの人はきっと順調にすすんでいることでしょう。しかし、もし遅れている人がいたらこの冬休みに挽回してくださいね。ここで踏ん張らないと、ほかで挽回できる所はありません。悲しいことですが「卒業設計」を落として留年する人が毎年僅かですがいます。皆さんはそうならないように、しっかり自己管理してくださいね。
 ところで私ごとですが今週、私の愛する「セレナ」とお別れする事となりました。愛すると言っても女性ではなく愛車なのですが・・・・。平成12年2月に新車で購入して約6年と10ヶ月の付き合いです。走行距離も約143,000キロ、いや~よく走りました。いろいろな思い出が詰まっています。この「セレナ」ですが単なる車というよりは、僕にとっては正に「モバイル・ルーム」でした。オートロック、冷暖房、TV、オーディオ完備のワンルームって感じですね。スノーボードに行ってスキー場の駐車場で連泊したり、ホテルも予約せずに思い立ったら出かけて、現地のコインパークに泊まったり、本当に便利な相棒でした。仕事でも外回りの営業が多かったので1日の内、5時間ぐらいは車に乗っていたと思います。おそらく彼女と過ごす時間より長く一緒に居てたと思います。本当に愛着があり、寂しいばかりです。
 建築をしていると建物ばかりが住空間だと思ってしまいますが、車も一つの住空間ですね。まあ、最近は車中生活者と呼ばれる人も居るみたいで、なんとなく気持ちが分かります。でもなんとなく思うのですが、いつから人は建築物に住むのが当たり前になったのでしょうか?動力が付いていて自由に移動ができる家があったらいいですね。ある時は緑の山荘、あるときはシーサイドコテージ、又あるときはアーバン・ペントハウス・・・まるで「ハウルの城」のようですね。今の建築業界でも頑張れば出来るような気がするのですが。あの中堅ゼネコンの前田建設でも「マジンガーZ」の格納庫や「銀河鉄道999」の発着用高架橋を創っているぐらいだから出来ますよ。多分。
 まぁそんな、こんなで・・・なんとアクセス数がもうちょっとで ―6000― です。あと80HITです。べつに6000を超えたからといって何もありませんが、皆も是非、見て下さい。
 ところで今週の16日ですが桂離宮の参観をした後、四条河原町辺りで先生方を迎えて忘年会をしたいと思います。桂離宮に行かない人も夜のスケジュールが空いていたら是非参加してください。詳しいことはTAの田中まで ‘‘ CALL NOW!!’’ では。
◇◇◇◇◇◇◇◇ 総アクセス数 5920 (12月14日現在) ◇◇◇◇◇◇◇◇