Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2008.12.18

測量実習成果の、プロによる厳しいチェック

建築ものづくり学科1年の選択コースのなかに、
建築物の受け皿として皆さんの生活に深くかかわっている”まちなみ”について学ぶ
「環境都市デザインコース」があります。
敷地図面作成のために既におこなった測量実習の成果を、
奈良県の建設コンサルタント会社にお願いして”プロの厳しいチェック”を実施してもらいましたので、
参加学生(1年Bクラス)にその模様を伝えてもらいます。
【建築ものづくりYぐち・・・環境都市デザイン担当記者】
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
都市環境デザインコースの授業で、講師の先生が経営されている測量事務所を訪問する機会がありましたので報告します。
始めにトータルステーションという高度な測量機器のデモンストレーションを見学しました。
ターゲット(目標)に向かって、機器が自動追尾するということにとても驚きました。
これがあれば、1人でも測量が出来るそうです。
ちなみに、この会社で使われているのは日本製ではなくイギリス製のもので、11年前のものでした。
しかし先生いわく11年前のものといっても、今の日本製のものと比べても引けを取らないらしいです。
海外の測量の機械が日本製の機械より進んでいるのだと思いました。
②.jpg
次に事務所の中に入って仕事風景を見学しました。
そのなかで、今までの業務実績についての資料を少し見せてもらうことができたことが印象的でした。
何年もかけて一つの大きな場所を測量をしているようで、
電気配線・マンホール・公衆トイレなど細かい所まで測量している点に驚きました。
③.jpg
見学後には、肝心の実習をおこないました。
それは学校での測量実習において、計画対象の敷地面積を測量によりはじき出したのですが、
この会社の最新鋭パソコンで計算をしてその結果が正しいかどうか検証することでした。
検証結果、自分達が出した結果と変わりなかったのがとても嬉しかったです。
私はこの見学をつうじて、仕事の大変さと楽しさを少し知ることができたので、
とても有意義であったと思います。この見学会・実習にかかわった皆さんに感謝しています。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////