Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2011.03.31

課題フォロー⑥(最後のフォロー)

課題発表から1週間が過ぎてしまいましたね。

1次審査最終締め切りはいつか憶えていますか??

この1週間どんな動きをしましたか。

どれだけ課題について考えましたか。どれだけ進みましたか。

1案出来た人は今、その場で手をあげてください。(笑)

さて何人手を挙げたでしょうか(笑)

多くの人が「妄想」で止まっているのではないかと・・・・

妄想はすばらしい!!タモリが最上の大人の遊びだとタモリ倶楽部で言ってました。。

去年の家成ゼミ前半は妄想ゼミでした。。。。

しかし、妄想だけではいけません。それを想像・創造へと変えていきましょう。

妄想を創造へ移行するために表現しよ~。。\(◎o◎)/!

CDやipodはヘッドフォンやスピーカーを通して音楽を、音を、聞くから意味があるように。

服だってストックしてたってしょうがない。着てドレスアップするから意味がある。。

だから頭で考えていることを自分にも他人にも見える(聞こえる、触れる)ようにしましょう。。

そのためにはスケッチしたり、模型を作ったりしなければなりません。。

さぁさぁ、スケッチしましょう。模型つくりましょう。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

誰かに話したり相手に伝えるためのツールになる物をもっていますか。。

言葉を知らなければお話が出来ないのと同じで、

課題に対してクラスメートと意見交換したり、先生に相談するには

このツールがなければ話が出来ないなって、分かりますか(^-^)

頭の中の妄想をぼんやりと話すよりも、目に見えて、触れられるものが

ある方が自分の意図が分かるし、伝えやすい。。

僕も以前は勘違いしていました。

自分ひとりで作るものだと。人の意見を聞くと自分のアイデアじゃない気がする。

でもそうじゃなかったんです。。

スケッチなり、模型なりで考えを伝える。そうすると、まず自分の中で整理が出来る。

相手の意見を聞くことで、気付かなかったことに気付き、意外と自分の方向性が

見えてきたり。「そうか、僕はそうゆうことがやりたかったんだ」と。。ね。。

客観的に見れる。

誰かのちょっとした発言に「はっっ(・。・;)」っとなる。それをヒントに

新たな発展がある。

創造には2種類あります。

ゼロから新しいものを生みだすこと。

一度現れて忘れ去られたものを見つけ出し、そこに新たな価値を生み出すこと。

だとすれば何かをきっかけにアイデアが生まれる。

それは紛れもなくあなた自身の創造です。

ちょっとしたことでもいいから表しましょう。。。

みんな、知りたがってますよ。

あなたの計画、、図面やスケッチや模型。。

どんなことを考えているのか。どんなことしたいと思っているのか。

先生やTAやクラスメートのみんなはあなたの事を知りたがってますよ。。

自分で下手だなと思っていてもいいんです。不器用だなと感じていてもいいんです。

表しましょう。表現しましょう。そうしましょう。。

ほらほら、、、体がウズウズしてきましたか。。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

みんな知りたがっているのです。

さぁ、恥ずかしがらずに。

さぁさぁ、手を使って、、表現しましょう。そうしましょう。。\(゜ロ\)(/ロ゜)/