Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2016.04.05

半坪ハウス寄贈・組立て

kaneko-blog.jpgのサムネイル画像

新2年生へ向けての春休み中ですが、

学生達12名と教員3名で兵庫県篠山市にあるEnglish Schoolの用望で「半坪ハウス」を4棟、

寄贈・組立てをしてきました。

 

事の起こりは、昨年参加した「削ろう会・神戸大会」の「半坪ハウス」の展示を

English School主催者のNさんが見られたのがきっかけで、

会場で「もらえるのですか?」「ハイ、学生に組立てさせてもらえるのなら」・・・

と言う会話が始まりでした。

その後、12月に8棟組立てた物の中から4棟を厳選して

3月23日に運んで、組立ててきました。

 

篠山市の郊外にある敷地はのどかな風景が広がる場所で、

廃屋(お化け屋敷状態・Nさん談)だった民家を

大工さんと1年半かけて蘇らせたNさんの自宅兼Schoolの庭の一角と近くの畑の中です。

この場所にNさんがFacebookで呼びかけて集まった方々(多くの方が外国人。遠くは京都の美山町からも)の

協力を得て4棟すべて上棟して帰ってきました。

初めに手本となる1棟を解説しながら組立てて、残りの3棟を分かれて作業をしました。

 

冷暖房完備の実習場育ちのOCT学生達にとっては、

起伏のある敷地は手ごわい相手(?)となり、悪戦苦闘・・・かつ、

残り3棟の中の1棟で行方不明の材料があり、

時間が無かったのでOCTから代わりの刻んでいない材料を運んで現地で墨付け・刻みとなりました。

困難な条件を乗り越えてこそ「現場対応力」のある学生になれ、

卒業後もたくましく社会人として頑張ってくれるのでは?・・・と思っています。

 

 

◆ 指定された場所に1棟づつ材料を降ろします。

 

 

◆組立て前に「腹ごしらえ!」

 

 

◆見本の1棟、作業開始!

 

 

◆組立ての研修(?)が終われば、近くの1棟も作業開始!

 

 

◆少し離れた場所の2棟も作業開始!

 

 

◆順調に2棟目の作業は進みます。

 

 

◆軟弱地盤(畑)での作業に苦戦中!

 

 

◆でも!同じような条件の隣の棟の作業は順調・・・

 

 

◆「刻み」を待っている間に進められるところは「組立て」ます。

 

 

◆完成した2棟

 

 

◆難航している「棟(手前)」と完成した「棟(左奥)」

 

 

◆刻み終わって全員で組立ての追込み!

 

 

◆最後に完成した「半坪ハウス」の前で