Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
その他のお知らせ
2013.07.15

OCT快挙!H24度建築学会卒業制作コンクール入選2名の作品講評

建築学会近畿支部による平成24年度卒業設計コンクールのホームページに入選したOCTの2人の作品講評が掲載されました。
学会ホームページに応募登録状況や、入選作品の審査評等が掲載されています。3作品の入選中、2作品がOCT!!
 
素晴らしいです!!

作品講評をご紹介します。
 
 
 
※少し印字がうすくなっています。
まちきち ―「スケール」でつながるわたしとけんちく― 豊島 有美香君(大阪工業技術専門学校)
誰しも子供のころ自分だけの隠れ家をみつけ、そこで心地良い空間の経験したことがあるだろう。
このような街の中にある秘密基地をキーワードとして、住宅を作るアプローチとしている。
機能性や合理性から空間を形式的に構築するのではなく、心地よい居場所を感性的に見つけ、それを住宅の中に再現する試みである。
まず街の構成要素から、自分の身体スケールに合う心地よい場所を見つけ数値化してみる。
一般的に邪魔とされる障害物までもその効用を再確認し、通常の規範とされるスケールを自分なりの価値観で問い直す。
空間を広さで規定するのではなく、そこでの行為や心地よさで決定するのである。
またスケールや素材を周辺環境に合わせることで、街とつなげて場を拡張させることにより感覚的に狭さを補う。
緩やかな階段を上下に散歩するように、自分の居場所を探す。
家をつくるというよりも、小さな街をつくり、そこに様々な居場所を設ける試みであり、彼女なりの建築への向き合い方のシミュレーションとも言えよう。
思考のストーリー性が明確で、プレゼンテーションもシンプルに可愛くまとめられている。
今後はさらに、自らのオリジナルな空間提案へと展開させることを期待する。  (西濱)
2作目はこちら!!
IMG_1930.JPG
 
New Town Lifehack ニュータウンライフハック@西神ニュータウン 菅野 勝友君(大阪工業技術専門学校)
開発から 30 年以上が経過したニュータウンを題材として、日常的なコミュニケーションを可能にする空間構成の提案を行っている。
題名の「Lifehack」にも込められているように、まちの空間構成の提案を建替え・改築の際に一軒からでもできる工夫に落とし込んでいる所に好感が持てる。
内容としては、文献・ヒアリング調査を整理した結果を 1/20 の模型で検証し、さらに実際の敷地を使って1/1 のスタディを行って、机上の空論ではない実感を伴った検討がなされている。
疑問から検討、提案に至るプロセスをわかりやすく表現されており、高さの検討を行うに当たって、下から積み上げていくのではなく、高い塀を少しずつ壊していくことによって、高さを検討している点が面白い。
惜しむらくは、そこに至る過程は地に足のついた検討であっただけに、最終的なアウトプットとしての改修案が、コミュニケーション誘発要素の組合せだけでない魅力的なにまで昇華できなかった点である。  (佐野)
以前ご紹介した表彰式会場の様子。。。
IMG_1931.JPG
IMG_1968-thumb-690x460-1724.jpg
お二人ともおめでとうございます!!