大阪工業技術専門学校

学科紹介

設備環境デザイン学科の授業2年制・昼間/高等学校卒業者~社会人対象 ※旧 建築設備学科 平成26年4月より名称変更

学校案内
授業PICK UP リフォーム・メンテナンス工学

担当教員:原田総一郎先生

授業PICK UP リフォーム・メンテナンス工学

時代のニーズを捉え、
リフォームの基礎を学ぶ

建築業界で注目されているリフォームを学ぶ授業です。建築設計を学び、リフォームの役割を理解。また、校内の施設を実測し、図面に起こすことからはじめる実践的な課題で一連の作業を基礎から学びます。

Voice / 担当教員の声

Voice / 受講者の声

時間割(例)
時間
1 9:20〜10:50 建築設備設計製図Ⅱa ファシリティマネジメント基礎 給排水衛生設備特論Ⅱ 建築設備設計製図Ⅱb(CAD) 建築施工法Ⅱ
2 11:00〜12:30 設備環境デザイン特論 空気調和設備特論Ⅱ 建築材料学Ⅰ
3 13:20〜14:50 キャリアデザイン 建築製図Ⅱ 電気設備特論Ⅱ リフォーム・メンテナンス工学 特別講義(不定期)
4 15:00〜16:30 自主作業 - 資格対策講座
授業PICK UP 設備環境デザイン概論

担当教員:岩岸克浩先生、原田総一郎先生、山口陽昇先生

授業PICK UP 設備環境デザイン概論

地球環境を知り
これからを考える

地球温暖化や省エネルギー、資源の有効利用など地球環境と建築環境は建築設備に密接に関係しています。建築の環境要素である、空気環境、温熱環境、水環境、光環境、音環境を学び、環境性能を整えるための役割を理解します。

Voice / 担当教員の声

Voice / 受講者の声

時間割(例)
時間
1 9:20〜10:50 建築法規Ⅰ 建築設備設計製図Ⅰa 設備環境デザイン概論 建築史Ⅰ 設計製図Ⅰ
2 11:00〜12:30 建築計画Ⅰ 建築一般構造Ⅰ 構造力学Ⅰ
3 13:20〜14:50 情報処理 (PC) 建築設備設計製図Ⅰb(CAD) 建築製図Ⅰ 設備環境実験実習 特別講義(不定期)
4 15:00〜16:30 キャリアデザイン

卒業制作(旧 建築設備学科)

OCT3号館の改修工事の設備設計・製図

OCT3号館の改修工事の設備設計・製図
制作者:田中 宏樹さん

OCT3号館の改装プラン:空調・給排水設備設計・製図

OCT3号館の改装プラン:空調・給排水設備設計・製図
制作者:山田 恭彰さん

災害時における配管の復旧と耐震配管

災害時における配管の復旧と耐震配管
制作者:芝 知宏さん

事務所ビルの設備設計:給排水・電気設備図面

事務所ビルの設備設計:給排水・電気設備図面
制作者:新田 涼平さん

卒業制作を見る

設備環境デザイン学科 講義要網

    授業科目 授業内容




建築製図Ⅰ 建築製図の基本をマスターし、正確かつ迅速に作図・読図する能力を養います。
建築製図Ⅱ 建築製図Ⅰで身につけた技術をもとに、さらに高度な建築製図の力を磨きます。
建築計画Ⅰ 生活の基本となる住宅および学校建築など、教育施設の計画について学びます。
建築計画Ⅱ 社会教育施設、医療・福祉施設、商業施設等の計画について学習します。

建築法規Ⅰ 建築基準法の単体規定について、実例を交えて体系、構成、各規定を学びます。
建築法規Ⅱ 建築基準法の集団規定、関係法令について体系、構成、各規定を学習します。
建築史Ⅰ 西洋と日本の歴史的建築を通じて、建築の歴史の流れについて理解します。
建築史Ⅱ 近代建築から現代建築について理解を深め、今に通ずる建築の歴史を学びます。
建築一般構造Ⅰ 地盤や木構造の基礎知識や設計、施工に必要な知識を習得します。
建築一般構造Ⅱ 現代建築で広く使われる鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造などについて学びます。
構造力学Ⅰ 建築を支えている骨組みの設計、計算を行うために必要な基礎知識を学びます。
構造力学Ⅱ 構造力学Ⅰで学んだ力学の概念をもとに、より高度な理解をめざします。
情報処理演習 コンピュータの基本的なシステムである構造、周辺機器、OSについて学びます。
建築材料学Ⅰ セメント・コンクリートをはじめ、現代の主要な構造材料について学習します。
建築材料学Ⅱ 金属製品や木材、石材、ガラス、プラスチックなどについて理解を深めます。
建築施工法Ⅰ 建築施工法に関わる基礎知識および躯体工事について主に学習します。
建築施工法Ⅱ 基礎工事、仮説工事、土工事など、各種工事の管理について学びます。
建築設備 空気調和や給排水などの各種設備がどのように建築と関係するか理解します。
建築環境工学 健康で快適な建築環境に必要な諸知識を建築計画原論として学習します。

建築測量実習 測量を遂行するための基本的な知識や各種測量機器の使用方法について学びます。
建築積算 建築物の工事費を算出するための積算技術を、実例を通して実践的に磨きます。




建築設備製図Ⅰ 給排水設備および空気調和設備の設計図を描くための基礎を身につけます。
給排水設備 給排水設備、雨水排水設備、給湯設備に関する容量や機器等の諸知識を学びます。
空気調和設備 空気の性質から空気線図の見方、負荷計算の仕方などを基礎から学習します。
電気工事 電気工事に必要な知識と技術を習得し、第二種電気工事士の取得をめざします。
環境工学 近年、注目が集まる建築環境工学に関わる基礎的な知識を身につけます。
建築CAD設計製図 豊富な課題を通じてCAD、中でも特にAUTO-CADの操作技術を学種します。
建築設備製図Ⅱ 給排水設備および空気調和設備の設計図や施工図を描ける力を身につけます。
設備CADⅠ CADを用いて、給排水・消防設備図面などを描くための操作技術を学びます。
設備CADⅡ CADを用いて、空気調和・電気設備図面などを描くための操作技術を学びます。
環境設備実験実習 生活環境に関わる温度、湿度、明るさ、騒音等を実際に測定し、学習します。
管工事施工法Ⅰ 建築現場で必要とされる設備の仕事である管工事施工管理について勉強します。
電気工事施工法Ⅱ 管工事施工法Ⅰの内容を踏まえ、より広く管工事施工管理について学習します。
卒業設計 建築設備分野の卒業制作作製に向けて、ゼミ形式の授業を展開します。

設備コンピュータ演習 パソコンを設備関係の計算や制御に活用するための考え方を説明します。
流体工学概論 水や空気といった流体の運動法則について知識を深めます。
電気工学概論 電気の効用や有効利用の方法など、電気工事に必要な知識を幅広く習得します。
熱工学概論 熱エネルギーを利用するに当たっての、基礎的な知識を学習します。
リフォーム工学Ⅰ 近年、その重要性が見直されてきている、リフォームの基礎知識を習得します。
リフォーム工学Ⅱ 演習を通じて、フォームに関わるさまざまな知識を実践的に体得します。
福祉住環境 高齢者や身体障害者など、身体の状況に応じた福祉環境整備を学習します。
消防設備 設計に活かせるよう、消防法と関連法規および消防設備の内容を学びます。
電気設備 建築設備として、どのような電気設備が必要なのかについて理解します。
流体機械 ポンプ、送風機を中心とした流体機械の原理や設備設計を学びます。

Page Top

入学に関するお問い合わせは0120-0910-19 携帯電話・PHSからもご利用いただけます