Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2007.03.08

格差

 おはようございます、田中です。期末試験も終わり成績発表を待つだけとなりましたが皆さんはいかがお過ごしですか?残り少ない学生の時間を有意義に過ごしていますでしょうか?学生時代に培った考えや希望・理念がこの先に待つ人生の舵取りに大きく影響し役立っていくのだと思いますよ。
 先週のブログに書きました株価下落ですが一時は18200円まで上がった日経平均も今日は16700円台をうろついています。しかし元々2月初頭に17000円台で推移していた日経平均が1ヶ月未満で一気に18000円超えとなり、きっとその煽りもあるんだと思います。株価に限らず、物事には全て振幅というものがあるのだなと最近感じます。急激に伸びたものは必ずその返りがありますし、逆に地道に積み上げてきたものは中々崩れません。一発逆転のチャンスというものも勿論あるとは思いますが、それを維持するにはそれなりの蓄積がないと維持できないものだと思います。皆さんは学生最後の今、きっとそれを蓄える時期だと思います。是非それを今、意識していただければこの先の人生は多少なりは変わってくるのではないかと思います。
 話はぜんぜん変わりますが、先日、あの通天閣に昇ってきました。日頃、通天閣の下は日常的に通っているのですが、さすがに上に上がったのは小学生以来でした。しかし、最近の通天閣&ビリケンブームで内部もリニューアルされていました。以前の鄙びた感が薄れてちょっと残念でした。でも展望台から望む大阪市内の眺望はやはりいいですね。今でこそ高層ビルが建ち並び、高いところからの眺望も珍しいくないですが建設当時はこの通天閣と日本橋の五階屋ビルしか高層ビルがなかったことを思うと当時の人たちの驚きは凄かったでしょうね。そういう思いを馳せながら見ると感慨もまた一入です。
 しかし、最近のレトロブームというのはどうしたものかと思います。この通天閣もそうですが町家や温泉地、はては昔ながらの商店街がいつの間にか若者の町に変わっていたりして鄙びたというかスローな空間やエリアというのが急速に減っていってます。勿論、ほって置けばシャッター商店街のように衰退して消滅していくのでしょうけど・・・・。でも必ずしも人が集まったり、繁栄することがいい事だとは僕は思いません。地域間格差や所得格差とか最近よく言われますが格差があるからこそ楽しいし、違いがあってそれぞれの色がでるのであってアベレージ化していては社会主義となんら変わりがないと思います。繁栄→衰退→消滅を繰り返しながら進化があるのであって消滅することを恐れる文化はエゴな執着の文化だと思います。もっと快楽的なある意味、感覚的な文明の方がより自然だと思うのですが・・・・。20才そこそこのカップルが2度付け禁止の串カツ屋で並んでいる様を見ながらすごく違和感を感じていた僕でした。
 では卒業式で会いましょう。
◇◇◇ 総アクセス 6965 HIT (平成19年3月8日現在) ◇◇◇