Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2009.06.22

あの”シャープ堺工場へきれいな水を供給” する施設の建設現場見学

 

建築ものづくり学科の選択専攻コースのなかに、

建築物の受け皿として皆さんの生活に深くかかわっている”まちなみ”について学ぶ

「環境都市デザインコース」があります。

今回は、

皆さんご存知の“シャープ堺工場”へきれいな水を大量に供給するための中枢となる、

下水処理施設の建設工事にお邪魔してきました。

CIMG0032-1.jpg

 

参加学生にその模様を伝えてもらいます。

【建築ものづくりYぐち・・・環境都市デザイン担当記者】

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 今回私たち環境都市デザインコースでは下水処理場の建設現場を見学させていただきました。

 現在着工している作業は杭打ち(直径1m前後・長さ6mの棒を硬い地盤まで深く打ち込む作業)で、

 今回はその杭打ち法、特にSTJ工法を深く学ぶことができました。

1.gif

 

 ひとえに杭打ち法といっても地盤の質、騒音、周囲環境によっていろいろと方法があり、

 このSTJ工法は騒音が少なく一般的に使われています。

 現場の地盤はとても軟弱で普通打ち込む杭の数の倍近くを使っていると聞き驚きました。

 しかし、そのような場所にもしっかりと対応できるSTJ工法は優れた工法なんだと感心しました。

2.gif

 

 その他にも現場の方々から、

 『杭打ちは直径より2.5倍の距離を離して打ちつけないと構造上強くならない』

 『水圧掘削の精度はコンピュータで一元管理されている』

 など、ためになる裏話も聞くことができ、とても有意義な時間を過ごせました。

 やはり普段学校で習うよりも実際に見て触れるということが知識・記憶に残るのではないでしょうか。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////