Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2020.06.22

建築設計学科 2年生 SDGs(エスディージーズ)についての提案課題がスタートしました

建築設計学科2年生の「意匠設計特論Ⅱ」の講義では、さまざまな分野を通じて実務に近い課題に取り組んでおり、

今回は「SDGs(エスディージーズ)」に対して建築・まちづくりでできることをさまざまな視点から読み解き、学生に解決・提案してもらう課題に挑戦してもらいます。

 

SDGs(エスディージーズ)とは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

 

 

このSDGsをより深く学生に理解してもらう為に、6月17日(水)の講義では、

経済産業省 近畿経済産業局 通商部 国際課 調査官 坂本りっかさんと、

OCTのOBである髙原浩之先生をゲスト講師としてお招きし、リモート形式で実施しました。

 

坂本りっかさんはSDGsについての講演を何百回と行う経験の持ち主で、日本全国でもトップクラス、

またOCTのOB髙原浩之先生もSDGsについて研究されている建築家では関西トップクラスです。

 

まずはじめに、坂本りっかさんよりSDGsの社会的な在り方について講義して頂きました。

その後、坂本りっかさん・髙原浩之先生・「意匠設計特論Ⅱ」の講師担当の木村先生・そして学生とリモート越しでトークセッションを行いました。

 

 

リモート授業ではありましたが、普段の講義と同様に何ら過不足なく、学生からの質問も多く、活発に議論を交わしました。

OBも含めSDGsのトップクラスの方々と意見交換ができ、学生にとっても大変良い機会となり、有意義な時間となりました。

この講義を踏まえ、これからはフィールドワークが始まり、後日学生よりプレゼンテーションを行ってもらいます。

ポストコロナ到来のご時世、SDGsは今後切り離せない存在です。この講義を通して、素晴らしい提案を発表してくれることを期待しています。