Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
DEPARTMENT OF

FLEX ARCHITECTURE
フレックス建築学科

フレックス建築学科

2年~4年制|夜間部|単位制|高等学校卒業者~社会人対象

「建築を学びたい!」という気持ちさえあれば、
今からでも遅くはないのです。

  1. 1
    ライフスタイルに合わせた時間割を
    ライフスタイルに合わせて、開講科目の中から半期ごとに受講科目を選択。オリジナルの時間割を組むことができます。将来の進路や資格取得を視野に入れ、「働きながら」「大学に通いながら」など、それぞれのキャリアや目的に合わせて授業を選ぶことが可能です。
  2. 2
    二級建築士の受験資格を取得
    本学科では、建築士受験資格の要件に関わる専門科目や、実務に即した実技科目(合計54単位)を取得すると、卒業後に二級建築士資格の受験が可能です。また、これまでの経歴と、OCTで学んだ専門的な知識や技術も生かせる、業界への就職をバックアップしていきます。
  3. 3
    建築系科目の取得済み単位を活用
    すでに大学・短大や専修学校で建築系科目の単位を取得している場合、取得済みの単位を本校の単位として認定します。そのため、残りの単位数を取得するだけで卒業が可能に。各種学校を中退していても、これまでの学びを生かし、学習の再スタートができる学科です。
単位制とは…
一定の単位取得を卒業条件とする制度で、学ぶペースも学生自身に任せられています。また、学費も年度ごとではなく、 半期ごとの履修科目数によって決まるため、学費(予算)と学びの時間に合わせて、卒業までの履修計画(2 年~ 4年間)が立てられます。

学びの概要

  • photo
  • photo
  • photo
  • カリキュラム/モデルケース

    それぞれのペースに合わせて、 在学年数も調整できます。

    図:カリキュラム/モデルケース
  • 学びのサポート

    OCTの学びのサポートを活用すれば、単位制でも安心して学べます
    • 授業支援システムで予習復習!

      スマートフォンやタブレット、パソコンなどから、本校専用の授業支援Webサイトにアクセスすることで、時間や場所を問わず専門科目の学習ができます。毎回の講義内容のファイル・資料の閲覧、授業動画の視聴、演習問題・解答プリントのダウンロードなどさまざまなサービスにより、みなさんの学びを支援します。

      photo:授業支援システムで予習復習!
    • 就職に強い!

      OCTでは経験豊富な教職員がマンツーマンの指導で就職に関する支援を行っており、高い就職率と業界就職決定率を誇っています。また、働きながら学べるフレックス建築学科の学生には、建築業界を中心としたアルバイト求人も積極的に紹介。働きながら学ぶ意欲をもつ学生に対する企業の評価は高く、就職に強い学科です。

      photo:就職に強い!

    TEACHER'S VOICE

    photo:
    左海晃志 先生
    多様なはたらき方、学び方を応援します!

    仕事をもつ社会人の方は毎日の確実な通学は難しいかもしれませんし、現在まったく違う分野に身を置く社会人や大学生の方々にとっては、はじめて建築を学ぶことに不安もあるでしょう。ですが、単位制のため留年がないフレックス建築学科であれば、その可能性を広げてくれます。また、すべての授業において、専門的な内容も基本から段階的に進めますし、もし授業で理解できない点や不明箇所があれば、少し早めに登校し直接質問することも可能です。そのため文系出身者も安心して学べます。各自の履修計画にのっとって確実に授業に出席し、製図実習ではしっかり課題に取り組みながら卒業を目指しましょう! そしてその先にある建築士資格取得に向けスタートしてください。

  • モデルケース 1

    手古祥太フレックス学科

    photo:
    常翔学園高校/愛媛大学卒業
    株式会社 金山工務店アルバイト
    Design Direct構造設計事務所
    オープンデスク(不定期)

    ーなぜフレックス建築学科を選んだのですか?
    働きながらも通いやすいカリキュラムに惹かれました。建築士を目指して設計の仕事をしていましたが、ここで学べば、より短い時間で効率良く資格が取得できると思ったんです。

    ー仕事と学業を両立するメリットは?
    建築現場で働きながら学校に通っていると、職人さんの作業効率など、座学だけでは知り得ない面もわかります。実務と知識をバランスよく吸収できる点が一番のメリットです。

    ー将来の目標を聞かせてください。
    独立して構造設計事務所を開業することが夢です。そのためにも、授業で興味を抱いた構造についての知識を深め、建築士や構造設計士の資格を計画的に取得したいと思います。

    フレックス建築学科に入るまで

    • 2009年
      二級建築士の資格取得を目指し、
      大学へ入学したものの……。

      この年から受験資格に実務経験が
      必須となったため、ハウスメーカーに就職。

    • 2013年
      仕事をしながら、受験資格を
      最短で取得する方法を模索。

      ハウスメーカーで設計をしつつ、
      夜間に通える専門学校を探しはじめる。

    • 2014年
      効率よく資格を取得するため、
      OCT への入学を決意。

      夜間部の学校説明会に参加。学科の
      特色や授業内容に惹かれ、受験を考える。

    わたしの2ヶ年計画

    図:わたしの2ヶ年計画

    1週間の流れ

    時間割
    8:00~17:00現場監督補佐
    *週4日以上勤務。不定期で、構造設計事務所のオープンデスクに通う。
    17:30~18:00移動
    18:00~19:50
    (授業開始時20分間
    は課題研究時間)
    建築計画Ⅰ建築史Ⅰ構造力学演習Ⅰ設計製図Ⅰ建築法規Ⅰ
    19:55~21:45
    (授業終了時20分間
    は課題研究時間)
    建築一般構造Ⅰ-構造力学Ⅰ計画基礎演習Ⅰ
  • モデルケース 2

    片山奈津子フレックス学科

    photo:
    八尾北高校
    関西芸術短期大学卒業
    建築学科Ⅱ部出身
    設計事務所アルバイトなど

    ーなぜフレックス建築学科を選んだのですか?
    4 年前、建築学科Ⅱ部に入学するも、家庭の事情で通学が困難になり休学。学びつづけたいという気持ちが強かったので、制度が充実しているフレックス建築学科に復学しました。

    −建築学科Ⅱ部との違いは?
    自分で時間の遣い方を決められること。一方で、単位取得など先の予定を決めてしまうと、気が緩みがち。目標までの計画をしっかりと組み立てることが大事だと感じています。

    ー将来の目標を聞かせてください。
    建物や空間が、人や環境に与える影響について観察した上で、住宅やビルなど多様な建物を設計したいです。まずは施工管理技士の資格を取得して、基礎を固めたいと思います。

    フレックス建築学科に入るまで

    • 1999年
      短大でデザインを勉強し、
      プレゼンの基礎を学ぶ。

      お施主さまの要望を作品に取り込み
      提案するための基礎力を身につける。

    • 2010年
      創作の道をあきらめるべきか?
      夢と現実の間で悩みはじめる。

      創作の道をあきらめるべきか?
      夢と現実の間で悩みはじめる。

    • 2011年
      「本当にしたいことを仕事に」。
      上司の一言で、建築の勉強を決意。

      生命保険会社に外交員として就職。
      1 年後、念願の建築を学ぶためOCTへ。

    わたしの2ヶ年計画

    図:わたしの2ヶ年計画

    1週間の流れ

    時間割
    8:00~17:00現場監督補佐
    *週4日以上勤務。不定期で、構造設計事務所のオープンデスクに通う。
    17:30~18:00移動
    18:00~19:50
    (授業開始時20分間
    は課題研究時間)
    建築計画Ⅰ建築史Ⅰ構造力学演習Ⅰ設計製図Ⅰ建築法規Ⅰ
    19:55~21:45
    (授業終了時20分間
    は課題研究時間)
    建築一般構造Ⅰ-構造力学Ⅰ計画基礎演習Ⅰ

平成30年度 学生募集要項 フレックス建築学科(Ⅱ部:単位制)