Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
就職内定者VOICE
2014.11.12

2015年卒業 就職内定者VOICE~自己理解って難しい!

氏名:福原 加奈子
学科:建築士専科
内定先企業:望月建設株式会社
内定職種:設計職
◆「一人で写真を撮られるのはイヤ!」という福原さんの要望で、友達とのランチ時に写真を撮らせてもらいました。
どの人が福原さんかは内緒です。
——–就職活動を始めたのは
2月です。建築学科の授業が全て終わって建築士専科に進学するまでの間に
少しでも就職活動を経験しておこうと思って、
当時興味のあった住宅リフォームの会社の説明会に参加したのがスタートでした。
——–内定をいただいた会社と事業内容が違いますが
はい。この会社説明会に参加して自分の進む方向性が見えたんです。
住宅だけ、とか、リフォームだけ、という仕事はその道のプロになれるという魅力を感じる一方で、
これまで建築を勉強してきてその領域の広さに圧倒されていたこともあって、
もっと多様な建築物そして企画から設計、施工までを
トータルに手掛けているような会社で仕事をしたいと思うようになりました。
今思うといい機会だったと思います。
——–就職活動で苦労したことは
履歴書の作成です!特に自己PR!!
学校の就職ガイダンスやキャリアデザインの授業で、先生方から履歴書の完成には
最低2週間はかかる、と言われていたんです。
でも私は、1週間もあれば十分、と根拠の無い自信を持っていたんですね。
いざ履歴書を書き始めると書けない!自己PRが思い浮かばない・・・。
自分のことが分かっていなかったんです。長所や短所、性格特性、全く分かっていませんでした。
何となく頭に浮かんできてもそれらをまとめられない、文章にできない、最初はそんな日々でした。
それからは先生にマンツーマンで指導していただきました。
これまでの学生生活やクラブ活動、アルバイトのことなどを事細かく聞いていただき、
ヒントをいただいて、何度も何度も自分で文章を書いてはやり直す、これを繰り返しました。
結局、完成したのは1か月後。あの自信は何だったんでしょう・・・。
——–将来の夢は
早く一級建築士の資格をとって望月建設の中心人物としてバリバリ活躍したいです。
これからもっともっと重要になってくる福祉施設を手がけたいです。
ユニバーサルデザインやバリアフリーなど、今よりさらに改良を加えた、技術を向上させた
福祉施設を設計したいです!
——–OCTの就職支援に対する感想をお願いします
担任の先生や進路支援室の方々が最後まで面倒を見てくれます。
先生方のお陰で内定をいただくことができたと思っています。
本当にお世話になりました!ありがとうございました!!
~進路支援室からのメッセージ~
早くから積極的に就職活動を始めていました。
建築士専科はどうしても二級建築士の勉強が主になりますから、
就職活動はとても大変です。
でも福原さんは常に求人票を見て、いろいろと先生方に相談していました。
よく頑張ったと思います。
望月建設さんも期待されていますよ。