Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
就職内定者VOICE
2014.11.21

2015年卒業 就職内定者VOICE~自分のやりたいことを見つけたら、あとは突き進むだけ

氏名:有馬 拓也
学科:建築士専科
内定先企業:株式会社堂宮木工寮
内定職種:大工職
< ????????????????????????????????????[/caption]
——–大工職、特に堂宮木工寮さんのように厳島神社や大阪城など国宝級の建築物を扱う
宮大工職を目指そうと思ったのはなぜですか
小学生の頃、自宅近所にある親戚の家がリフォームをしたんです。
何となく興味があってよく現場を見に行っていました。
その時に大工さんの働いている姿を見て「めっちゃかっこいい!」と思ったのがきっかけです。
これをきっかけに「俺は大工になる」と決めてしまいました。
OCTに入ってからもこの気持は変わらなかったのですが、
授業の一環で竹中大工道具館を見学した時に、宮大工の方々の映像や道具を見て感動しました。
更にかっこいい!
この時から手刻みで木を扱いたいと思うようになり、その仕事ができるのは宮大工だと先生から教わり、
絶対に宮大工になる、と心に決めました。
——–宮大工の求人はそう多くないですが
はい。それも知っていました。
自分で片っ端から宮大工が活躍している企業に電話して、何とかしようと思っていた時に、
堂宮木工寮さんから求人が来たんです。
大工技能学科の先生がこの会社をご存知で、すぐに連絡していただき僕のことを紹介してくれたんです。
真っ先に僕を紹介してくれたことがすごく嬉しかったですね。
——–就職活動はどうでしたか
自分の思いをぶつければ何とかなると思っていましたので、
そんなに苦労はしなかったのですが、面接の時は最高に緊張しました。
社長さんのオーラが凄くて圧倒されてしまったんです。
やっぱり国宝建築物を扱う方は凄いと感じました。
——–同期もいますが
はい。僕と同じように大工技能学科から建築士専科に進学した友人も一緒に入社します。
友人は現場監督なので僕と仕事の内容は違いますが、
やっぱり同期がいるのは心強いです。
絶対に負けないっていう気持ちも湧いています。
——–将来の夢は
大工職を目指す一方で建築士の資格にも挑戦しています。
先生方から、『これからの大工は“腕一本”で飯を食っていけるほど甘くはない。
建築の歴史や法律などにも精通しなければいけない』と言われ、建築士専科への進学を決めました。
職人としての腕と建築士としての知識・技術を持って少しでも早く国宝建築物に関わりたいです。
地元平野区にある神社を改修したいとも思っています。地元への恩返しです。
そして最終的には、自分で設計し、自分で大工仕事をやって純和風の自分の家を建てたいです。
日本の素晴らしい伝統建築を存分に盛り込んだ最高の家を作りたいです。いえ、作ります!
~進路支援室からのメッセージ~
彼も言っているように当初から就きたい職業がはっきりしていましたので、
就職については心配していませんでした。
ただ、目指すのが宮大工ということで、そうそう求人があるわけではなく、
企業探しの点が唯一の心配のタネでした。
そこはやはり長い歴史を誇るOCTの強みでした。
教員の中に以前、堂宮木工寮さんと接触のあった者がおり、
このことがあって求人票をいただくことができました。
有馬くん、多くの寺社仏閣に携わり、OCT大工技能学科の代表となるような宮大工になってください。
応援しています。