Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
学費サポート
2019.09.20

修学支援新制度について(入学手続時授業料の納付猶予のお知らせ)

今年度本校は高等教育段階の教育費負担軽減対象校に認定されました。*建築士専科は除く

本校入学生に対する修学支援新制度「授業料等の減免」が令和2年(2020年)4月より開始します。

「給付型奨学金」も拡充され、経済的な理由で進学をあきらめていた方も道が広がりました。

JASSO(日本学生支援機構)より「採用候補者決定通知(支援区分Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)」の指定を受けた方は、入学手続時に必要な1年次(前期授業料)の納付を猶予します。ご希望の方は下記「入学時納入金猶予申請書」をダウンロードし、事務局までご提出ください。なお、詳細等ご質問のある方は事務局までお問合せください。

・入学時納入金猶予申請書  … PDFはこちら

【高校教育段階の教育費負担軽減】に向けた学校情報を以下に公開しております。

・申請書                      … PDFはこちら

・実務経験のある教員等による授業科目の一覧表 … PDFはこちら

・シラバス作成の手引き2019             … PDFはこちら

・学生便覧2019(刊行物)一部抜粋版         … PDFはこちら

 

 

【修学支援新制度による本校入学生への適用について】

以下の1と2を合計すると、初年度で最大約165万円の減免(昼間部・自宅外通学の場合)が可能となり、本校初年度学費総額の一部の負担が軽減されることになります。

減免額については、以下の[世帯収入と減免額の要件]を参照の上、

「文部科学省 高等教育の修学支援新制度」のHPで詳細を確認ください。

 

1.「授業料等の減免(入学金と授業料の減額)」

経済的な理由で進学を諦めていた高校生等を対象に、入学金と授業料の減免が実施されます。

減免額は本校の入学金10~15万円のうちの最大で約15万円

授業料41万4千円~85万円のうちの最大で約59万円(昼間部)となります。

*参考 年収目安 ~約270万円非課税世帯の場合

 

2.「給付型奨学金(返済不要)」の拡充

「給付型奨学金」が拡充され、上記1の「授業料等の減免」との併用が可能になります。

給付型奨学金は、自宅から通う学生は最大で約46万円(昼間部)、自宅外から通う学生は最大で約91万円(昼間部)となります。

*参考 年収目安 ~約270万円非課税世帯の場合

 

給付額チャート

*年収目安 ~約300万円、~約380万円の方は

「文部科学省 高等教育の修学支援新制度」のHPで確認して下さい。

 

【世帯収入と減免額の要件】

世帯収入条件以外にも、「進学先で学ぶ意欲のある学生」であることが求められます。

【申込み】

現在在学中の高等学校

 

その他、詳しい情報は以下をご参照ください

「文部科学省 高等教育の修学支援新制度」HPはこちら

「日本学生支援機構 進学資金シミュレーター」HPはこちら