Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
DEPARTMENT OF

ROBOT & MACHINERY
ロボット・機械学科

ロボット・機械学科

2年制|昼間部|高等学校卒業者~社会人対象

生活のあらゆる場面で使われる電気・機械を基礎から習得するロボット・機械学科。
自分の手でつくることの楽しさを体験しながら技術や仕事における基礎から応用までを学びます。

  1. 1
    専門性を深める2専攻・3コース
    機械・電気の基礎を習得後、1年次後期からロボット機械・電気機械専攻の2専攻に、2年次からはロボット・機械技能・電気コースの3コースに分かれます。それぞれの興味を掘り下げ専門性を高めていきます。
  2. 2
    ものづくりの精神を養う
    全国専門学校ロボット競技会など、さまざまなプロジェクトに参加。設計や理論だけでなく、現場での対応力やチームでのマネジメント力、コミュニケーション力など、ものづくりの現場で必要な力を養います。
  3. 3
    日々の授業で仕事力を身につける
    授業やプロジェクトなどから、業界で働くための仕事力を育成するとともに、自分の適性を見極めます。授業への取り組みをよく知る担任、進路支援室など多方面で就職活動をサポートし、卒業後の進路を導きます。

学びの概要

  • photo
  • photo
  • photo

専攻/コース紹介

1年次後期からロボット機械・電気機械専攻に分かれ、2年次からロボット・機械技能・電気コースの3コースのうち1つを選択し、専門性を深めます。

[ 1年 前期
基礎教養
[ 1年 後期:専攻選択 ]
ロボット機械専攻
電気機械専攻
photo:電気機械専攻
さまざまなロボットをつくるプロセスを体験しながら、産業社会において必要となる機械工学全般の知識や技術を習得。工場をはじめとする製造現場で重要な、加工技術や機械のしくみ(機構)について幅広く知ることを目的としています。
[ 2年次:コース選択 ]
  • ロボットコース

    製作実習の授業ではロボット制御を学ぶことを目的としています。センサ、マイコン、プログラミングといった基本を学び、さまざまなロボットを一から製作。産業社会で行われる設計から製造までのプロセスを幅広く学びます。

    卒業後の進路
    産業用ロボット設計 / 産業用ロボットメンテナンス / 機械設計 / 総合エンジニアリング機械設計 / 計測機器メンテナンス / プラント設計 / 組込プログラム開発
  • 機械技能コース

    旋盤やボール盤、フライス盤、溶接の技術を学びます。またヤスリや鉄用ノコギリなどを使った手作業による金属素材の加工・切削技術も学習。その後、応用として溶接構造体(車などのフレーム)、スターリングエンジン、風力・水力発電装置などを製作します。

    卒業後の進路
    産業機械製造全般 / NC工作機械オペレーター / 金型製造 / 工作機械 / 自動車設計製造 / 油圧機器製造
photo: 電気機械専攻
デジタル時計などの電気製品の製作をテーマとし、つくりながら機械工学の技術全般を学びます。電気概論や電子回路の講義で学んだ知識を用いて、家電製品を分解。もののしくみを学びながら技術を習得していきます。
[ 2年次:コース選択 ]
  • 電気コース

    電気の理論を基礎から学び、その後、簡単なリレーシーケンス回路などの電気回路を製作。ステップアップしながら複雑な回路設計へと進んでいきます。またその中でトランジスタやコンデンサ、LEDなどの電子部品の使用方法やそのしくみについても学びます。

    卒業後の進路
    電気主任技術者 / 電気部品製造 / 電気工事士 / 計測機器メンテナンス / 電子部品設計製造 / 家電製品エンジニア
1年前期
1年後期
2年次
基礎教養
専攻選択
ロボット機械専攻
photo: 設計専攻

さまざまなロボットをつくるプロセスを体験しながら、産業社会において必要となる機械工学全般の知識や技術を習得。工場をはじめとする製造現場で重要な、加工技術や機械のしくみ(機構)について幅広く知ることを目的としています。

コース選択
ロボットコース

製作実習の授業ではロボット制御を学ぶことを目的としています。センサ、マイコン、プログラミングといった基本を学び、さまざまなロボットを一から製作。産業社会で行われる設計から製造までのプロセスを幅広く学びます。

卒業後の進路
産業用ロボット設計 / 産業用ロボットメンテナンス / 機械設計 / 総合エンジニアリング機械設計 / 計測機器メンテナンス / プラント設計 / 組込プログラム開発
機械技能コース

旋盤やボール盤、フライス盤、溶接の技術を学びます。またヤスリや鉄用ノコギリなどを使った手作業による金属素材の加工・切削技術も学習。その後、応用として溶接構造体(車などのフレーム)、スターリングエンジン、風力・水力発電装置などを製作します。

卒業後の進路
産業機械製造全般 / NC工作機械オペレーター / 金型製造 / 工作機械 / 自動車設計製造 / 油圧機器製造

電気機械専攻
photo: 施工専攻

デジタル時計などの電気製品の製作をテーマとし、つくりながら機械工学の技術全般を学びます。電気概論や電子回路の講義で学んだ知識を用いて、家電製品を分解。もののしくみを学びながら技術を習得していきます。

電気コース

電気の理論を基礎から学び、その後、簡単なリレーシーケンス回路などの電気回路を製作。ステップアップしながら複雑な回路設計へと進んでいきます。またその中でトランジスタやコンデンサ、LEDなどの電子部品の使用方法やそのしくみについても学びます。

卒業後の進路
電気主任技術者 / 電気部品製造 / 電気工事士 / 計測機器メンテナンス / 電子部品設計製造 / 家電製品エンジニア

授業ピックアップ

  • 製作実習Ⅰロボット機械専攻

    1年次 前期後期2年次 前期後期

    ゼロからロボットをつくり、
    全国専門学校ロボット競技会出場

    障害物を察知し、敵のロボットをセンサーで見つけ、追い出して競うロボット競技会。どのようなロボットを製作するべきか、チームで試行錯誤しながら取り組み、ロボットのしくみ、ものづくりの楽しさを体験します。

    担当
    教員
    大田清人先生、和田実先生
    photo: 設計製図Ⅰ
    1. STEP1
    2. STEP2
    3. STEP3
    身につくスキル
    ロボット・機械のしくみの
    理解、協働したものづくり
    • TEACHER'S VOICE
      大田清人先生

      ロボット競技会に向けての製作、スケジュール管理、仲間との協力、ものづくりに必要な工程のすべてが、この授業にあります。

      photo: 大田
    • STUDENT'S VOICE
      櫻井耀大さん

      普通科の高校出身なので、旋盤などを用いた金属加工の授業がとても新鮮でした。先生へ気軽に質問できる、親密な雰囲気も嬉しいですね。

      photo: 櫻井

めざせる職種・資格

  • photo
  • photo
  • photo

関連資格

めざせる職種

知識や技術、豊かな創造力を身につけた卒業生は、あらゆるジャンルで活躍しています。

  • illust: 機械設計士
    機械設計士
    機械、家電製品などの設計を行う仕事。ほとんどがCADを用いたコンピュータで行われる。
  • illust: エンジニア
    エンジニア
    製品やシステムの設計・開発・製造を行う。ものづくりが行われるすべての現場に存在している。
  • illust: ロボットエンジニア
    ロボットエンジニア
    産業用をはじめ、医療・介護用などのロボットを開発・設計する。今後も活躍の場が広がる職業。
  • illust: 医療機器製造
    医療機器製造
    医療機器の製造を行う職業。発展する医療をものづくりの側から支え、海外へ向けた仕事も多い。

卒業後の職種

文部科学省「職業実践専門課程」認定学科
2014年、業界に広く通用する実践的な学びを展開しているとして、文部科学大臣から認定を受けました。これからも「社会にひらく」をコンセプトに、実践的な学びに力を入れていきます。PDFはこちら