Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP
DEPARTMENT OF

ARCHITECTURE
建築学科

建築学科

2年制|昼間部|高等学校卒業者~社会人対象

デザイン、構造、施工、現場監督など建築の幅広い領域を習得する建築学科。
建築との関わり方を探りながら、段階的に学び、学生一人ひとりが専門性を深めます。

  1. 1
    総合的な建築技術者の育成
    構造、計画、施工、法規などの建築知識と技術を幅広く習得し、建築全般を学びます。総合的に建築を学び、自分の適性に合う専門分野を探りながら、将来、広く業界で活躍することのできる建築技術者を目指します。
  2. 2
    専門性を深める2専攻・4コース
    学生それぞれの適性を掘り下げるため、建築の基礎を学んだ後、1年次後期からは、設計・施工専攻の2専攻に分かれます。2年次では、設計専攻は意匠・構造コース、施工専攻は管理・技術コースの4コースから選択します。
  3. 3
    卒業後を見据えたキャリア教育
    日々の授業から自らの適性と努力目標を知り、業界で求められる仕事力を身につけると同時に、学生をよく知る担任による進路指導、進路支援室のキャリアサポートで、卒業後の進路を確実なものにしていきます。

学びの概要

  • photo
  • photo
  • photo

専攻/コース紹介

1年次後期から設計・施工専攻に分かれ、2年次から意匠・構造・管理・技術コースの4コースのうち1つを選択し、専門性を深めます。

[ 1年 前期
基礎教養
[ 1年 後期:専攻選択 ]
設計専攻
施工専攻
photo: 設計専攻
設計者に必要な構造や設備、施工や法規など、幅広い知識を学びます。また、建築家は施工者(工事会社)の間に入り、施主の代理者として両者の橋渡し(監理)を行います。これらの仕事をイメージしながら、課題などを通じて設計の基礎を学びます。
[ 2年次:コース選択 ]
  • 意匠コース

    建物をつくるには複雑な設計条件の把握、整理や基本計画図の制作が必要です。そのため、さまざまな用途のビルディングタイプを課題とした設計演習を実施。また、CADでの作図技術の習得にも力を入れ、即戦力として期待される人材の育成を目指します。

    卒業後の進路
    建築設計事務所 / デザイン事務所 / 住宅メーカー / リフォーム会社 / 工務店 / 建築会社 / 建設会社 / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
  • 構造コース

    すべての建築には「安全性」「快適性」が求められています。構造力学の基礎をベースに、実験を通して耐震や免震の仕組みを学び、さらには構造デザインの技術、知識を習得。構造力学への理解を深め、より優れた構造設計技術者を育てます。

    卒業後の進路
    建築設計事務所 / デザイン事務所 / 住宅メーカー / リフォーム会社 / 工務店 / 建築会社 / 建設会社 / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
photo: 設計専攻
建築物をつくり上げるには、材料の調達、専門工事業者への発注、建設機器の調達、工程・品質・安全・予算の管理が必要です。施工専攻では、建築生産の仕組みから各種専門工事業者の仕事内容までを学び、仕事への理解を深めることを目的としています。
[ 2年次:コース選択 ]
  • 管理コース

    建築物をつくるために必要な実施図や施工図の製図技術、施工計画、積算技術など、生産に関する技術を習得。さらに、現場に携わる人たちをまとめ上げる施工管理者(現場監督)としての要素を磨き、活躍できる人材を養成します。

    卒業後の進路
    建設会社 / 建築会社 / 工務店 / リフォーム会社 / 住宅メーカー / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
  • 技術コース

    足場の組立や鉄筋の配筋、造園、測量などの実習を通じて現場に必要な知識を身につけます。ほかのコースに比べ最も実務的な内容が多く、よりリアルな現場で経験を積み、さまざまな技術が集結することで1つの建築物が完成することを学びます。

    卒業後の進路
    建設会社 / 建築会社 / 工務店 / リフォーム会社 / 住宅メーカー / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
1年前期
1年後期
2年次
基礎教養
専攻選択
設計専攻
photo: 設計専攻

設計者に必要な構造や設備、施工や法規など、幅広い知識を学びます。また、建築家は施工者(工事会社)の間に入り、施主の代理者として両者の橋渡し(監理)を行います。これらの仕事をイメージしながら、課題などを通じて設計の基礎を学びます。

コース選択
意匠コース

建物をつくるには複雑な設計条件の把握、整理や基本計画図の制作が必要です。そのため、さまざまな用途のビルディングタイプを課題とした設計演習を実施。また、CADでの作図技術の習得にも力を入れ、即戦力として期待される人材の育成を目指します。

卒業後の進路
建築設計事務所 / デザイン事務所 / 住宅メーカー / リフォーム会社 / 工務店 / 建築会社 / 建設会社 / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
構造コース

すべての建築には「安全性」「快適性」が求められています。構造力学の基礎をベースに、実験を通して耐震や免震の仕組みを学び、さらには構造デザインの技術、知識を習得。構造力学への理解を深め、より優れた構造設計技術者を育てます。

卒業後の進路
建築設計事務所 / デザイン事務所 / 住宅メーカー / リフォーム会社 / 工務店 / 建築会社 / 建設会社 / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
施工専攻
photo: 施工専攻

建築物をつくり上げるには、材料の調達、専門工事業者への発注、建設機器の調達、工程・品質・安全・予算の管理が必要です。施工専攻では、建築生産の仕組みから各種専門工事業者の仕事内容までを学び、仕事への理解を深めることを目的としています。

コース選択
管理コース

建築物をつくるために必要な実施図や施工図の製図技術、施工計画、積算技術など、生産に関する技術を習得。さらに、現場に携わる人たちをまとめ上げる施工管理者(現場監督)としての要素を磨き、活躍できる人材を養成します。

卒業後の進路
建設会社 / 建築会社 / 工務店 / リフォーム会社 / 住宅メーカー / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など
技術コース

足場の組立や鉄筋の配筋、造園、測量などの実習を通じて現場に必要な知識を身につけます。ほかのコースに比べ最も実務的な内容が多く、よりリアルな現場で経験を積み、さまざまな技術が集結することで1つの建築物が完成することを学びます。

卒業後の進路
建設会社 / 建築会社 / 工務店 / リフォーム会社 / 住宅メーカー / 不動産開発会社 / 建築コンサルタント など

授業ピックアップ

  • 設計製図Ⅰ

    1年次 前期後期2年次 前期後期
    photo: 設計製図Ⅰ

    比べて、発見して、伝え、
    プレゼンテーションの極意を身につける

    アタッシュケースと風呂敷どちらが優れているかをプレゼンテーションする授業です。本やWeb、フィールドワークなどさまざまな調査から情報を収集し、チーム内での議論を経て、代表者がプレゼンテーションを行います。

    担当
    教員
    荒井圭一郎先生、魚谷剛紀先生、大西崇之先生、梶純子先生、左海晃志先生、中平勝先生、吉田訓子先生
    1. STEP1
    2. STEP2
    3. STEP3
    身につくスキル
    観察力
    問題解決力
    プレゼンテーション能力
    • TEACHER'S VOICE
      吉田訓子先生

      さまざまな人とつくる建築業界。人に伝え、議論し、そこから発見して考えを形にしていくという過程はとても大切です。

      photo: 吉田
    • STUDENT'S VOICE
      坂下芽衣さん

      敷地調査、コンセプト立案から製図まで、空間設計を一から経験しました。実際の設計でも、この学びを生かしたいです。

      photo: 坂下

めざせる職種・資格

  • photo
  • photo
  • photo

全国平均をはるかに越える資格取得実績!

一級建築士合格者数 23名 専門学校単独では、西日本一位!!
  • 二級建築士総合合格率 71%
  • 二級建築士  学科試験合格率 90.8%
  • 二級建築士製図試験合格率 78.8%

その他の関連資格

めざせる職種

知識や技術、豊かな創造力を身につけた卒業生は、あらゆるジャンルで活躍しています。

  • illust: インテリアコーディネーター
    インテリアコーディネーター
    家具や壁、床などの内装、生活用具などのインテリア計画を立て、商品選択のアドバイスを行う。
  • illust: 建築家(意匠設計士)
    建築家(意匠設計士)
    建物全体のデザインを担当する職業。機能性や心理面、周囲の環境を配慮し、建物を設計する。
  • illust: 構造設計士
    構造設計士
    建築における構造計画や計算を担当する。地震の多い日本では、特に重要視されている職業。
  • illust: 設備設計士
    設備設計士
    空調、給排水、電気などの配置計画や監理を行う。生活環境の向上に重要な役割を果たしている。

卒業後の職種

一級建築士受験資格認定学科

  • 二級建築士の受験資格
  • 一級建築士の受験資格
文部科学省「職業実践専門課程」認定学科
2014年、業界に広く通用する実践的な学びを展開しているとして、文部科学大臣から認定を受けました。これからも「社会にひらく」をコンセプトに、実践的な学びに力を入れていきます。PDFはこちら