Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2011.01.10

白鹿館 見学会

こんばんは、TA伊藤です。

先日告知しておりました 『白鹿館 解体前見学会』 の日時が決定いたしましたので、お知らせします。

 

2011年1月15日(土) 14:00~

 

当初の予定よりもちょっと早目の開催となってしまいましたが、

参加希望のかたは、13日(木)までに下記まで連絡をおねがいします。

 

携帯:090-3841-5080  メール:hana.0405_ilinx@ezweb.ne.jp

 

(電車の方は、阪神西宮駅 南口 に 13:30集合、

現地に直接来れる方は、5分前集合でおねがいいたします。)

 

 

 

高さ十一メートルの大アーチに導かれ、いくつもの採光窓が階段状に天井へとせり上がる。光を受けた酒瓶が、輝きながらラインを流れていく。

清酒「白鹿」で知られる辰馬本家酒造(西宮市)の生産施設「白鹿館」。その核となる瓶詰め工場は一九三〇(昭和五)年の完成以来、今なお現役だ。

「斬新なデザインだが理にかなった構造。工業化へ向かう流れを見越していたかのよう」。長年施設管理に携わってきた同社の坂口裕さん(56)は語る。

コンクリート製鉄骨アーチは十五連。大きさや流麗な曲線に目がいくが、この構造によって柱なしで天井を支えることができ、

幅二十四メートル、奥行き六十四メートルの屋内空間が障害物なしで実現した。

その隅々まで光をもたらしたのが、南北両側に約百六十カ所配置された採光窓。

自在に開閉することで、瓶詰め工程で発生する熱や蒸気を排出する機能も併せ持つ。

 

(2005.5.12 ?神戸新聞より、一部抜粋)