Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

学外連携・地域貢献 教室を飛び出して

日々の授業を超えて、プロジェクトの現場に励む学生たち。
そのプロセスをさまざまな形でレポートしていくコーナーです。

現場での学び

実践的な学びを展開し、業界で通用する実務能力を身につけます。

    • 大阪環状線 森ノ宮駅プロジェクト

      学生による発見が、
      プロジェクト成功の鍵!

      大阪環状線 森ノ宮駅プロジェクト
      大阪環状線 森ノ宮駅プロジェクト
      大阪環状線 森ノ宮駅プロジェクト
      実施期間:2年6ヶ月 / 実施学科:建築学科

      大阪市が主催する大阪環状線コラボ事業のアイデアコンペにて、大阪市優秀賞受賞の卒業生による提案を、後輩が実現するプロジェクト。JR森ノ宮駅から大阪城が見えるという発見から、駅に憩いの場をつくりました。2014年に竣工、2015年春、公開されました。

    • 前原拡詞さん建築学科

      前原拡詞さん
      チームで現地調査をして、場所の魅力と課題を洗い出し、まずは駅やホームの写真加工から作業に着手しました。ホームからの見晴らしが魅力的だったので、課題である部分的な日当たりの悪さを改善すべく、採光を工夫。利用者の交流が生まれるコミュニケーションスペースを設計しました。
    • 大西崇之先生

      大西崇之先生
      プロジェクト成功には、簡潔かつ魅力的なプレゼンが欠かせません。大きな目標を達成するには「ホームから大阪城が見える」など、小さな発見の積み重ねが重要です。プロと仕事することで、現場の厳しさも経験できます。
    • マンションリフォーム実践プロジェクト・コンペ

      学生一人が1棟まるごと
      リフォーム!

      マンションリフォーム実践プロジェクト・コンペ
      マンションリフォーム実践プロジェクト・コンペ
      実施期間:1年 / 実施学科:建築設計学科

      大阪にある築40年のアパート「コーポ千代崎」を丸ごと1 棟リノベーションするプロジェクト。建築設計学科内でコンペを開催し、最優秀賞者の設計案が採用されました。今後、オーナーとの打ち合わせを行い、詳細な設計を経て、施工、賃貸をスタートします。

    • 吉岡由貴さん建築設計学科

      吉岡由貴さん
      ターゲットを女性に絞り、ガラス張りの住宅を設計しました。設計案が実現可能か考え、改善していく過程は試行錯誤が多く、やりがいを感じています。
    • Hondaエコマイレッジチャレンジ鈴鹿大会

      ガソリン1ℓで走ることの
      できる限界に挑戦!

      Hondaエコマイレッジチャレンジ鈴鹿大会
      Hondaエコマイレッジチャレンジ鈴鹿大会
      実施期間:1年 / 実施学科:ロボット・機械学科

      燃料消費量から燃費を算出して出した「燃費性能の高さ」を競う大会に毎年出場しています。先輩と後輩がともにチームを組み、Honda4ストロークエンジンを用いたマシンを設計。走行方法や形状を改善することが、目標達成の鍵を握る競技です。

    • 奥田貴之さんロボット・機械学科

      奥田貴之さん
      部長として、次回の大会に向け勉強会を開くなどの準備を進めています。自分と相手の思い描くイメージを上手く擦り合わせ、より良い形状を追求したいです。
    • 泉佐野丘陵緑地プロジェクト

      実習で身につけた技術を、
      公園で披露!

      泉佐野丘陵緑地プロジェクト
      泉佐野丘陵緑地プロジェクト
      実施期間:1年 / 実施学科:大工技能学科

      大工技能学科の先輩が、1年次に課題内で制作した半坪サイズの木造の骨組みを、新1年生とともに緑地公園内へと移設するプロジェクト。開園イベント内で8名の学生たちによる組み立てを披露しました。今後は屋根や壁を仕上げ、農具置き場として活用されました。

    • 渡部寛章さん大工技能学科

      渡部寛章さん
      初めての現場作業で、臨機応変に対応することの難しさを実感しました。また、大阪府に本プロジェクトを認められ、感謝状をいただきました。
    • 株式会社タイセイシュアーサービス メゾンドオーク203号室 内装計画

      実際に賃貸される物件の
      リフォームを実現!

      株式会社タイセイシュアーサービス メゾンドオーク203号室 内装計画
      株式会社タイセイシュアーサービス メゾンドオーク203号室 内装計画
      実施期間:1年 / 実施学科:インテリアデザイン学科

      大阪・西区にある賃貸マンションの一室を、低コストで快適な空間にリフォーム。学生から募ったプランのうち、ひとつを実際に施工・販売します。プラン実施が決まった学生は現場での打ち合わせにも参加するなど、プロの世界を経験することができました。

    • 藤岡瑞希さんインテリアデザイン学科

      藤岡瑞希さん
      住み手と地域住民が一緒に和むことができる和風空間を提案しました。天井の広さなど、図面には描き込めない現状を提案書に反映させる点がおもしろかったです。
    • 「天王寺動物園プロジェクト」

      訪れた人たちが楽しくなる、また来たくなる入り口を考案。

      「天王寺動物園プロジェクト」

      天王寺公園「てんしば」から動物園につながる部分に新しく設けられる「てんしばゲート」。インテリアデザイン学科1年生2名が大阪市と連携しイメージの提案をしました。

    • 大阪府営泉佐野丘陵緑地・木工教室

      制作の工程や木の性質を自分たちの言葉で説明する。

      大阪府営泉佐野丘陵緑地・木工教室

      大工技能学科の学生が同公園で行った小屋の組み立てをきっかけに、ブックスタンドをつくるワークショップを開催。たくさんの人たちに、木に触れる楽しさを伝えられる良い機会となりました。

    • 私たちのまちづくり提案(大阪市北区)

      建築的視点でまちをサーベイし、大阪・中津に住む方々と議論していく。

      私たちのまちづくり提案(大阪市北区)

      地域と関わりながら、まちづくりの課題に取り組む年間プロジェクト。建築設計学科より4チームが参加し、まちの魅力をさまざまな視点でとらえ、課題解決のプランを中間・最終の2回発表した。

    • 建築設計学科1年作品展示会

      ゼロから展示をつくり上げ、チームでの運営力を磨く。

      建築設計学科1年作品展示会

      建築設計学科1年生が、入学後4ヶ月間の学習成果を発信する作品展示会。プロの建築家による指導のもと、数名ごとのチームで、企画から設計、施工、予算管理、広報まで担当しました。

    • 全国専門学校ロボット競技会(2016年度優勝!)

      日々培う技術の成果を、
      競技会で発揮する。

      全国専門学校ロボット競技会(2016年度優勝!)

      2016年度で25年目を迎えるロボット競技会。自律・有線・二足歩行の3種目で競う本戦にて、OCTは有線型部門優勝、ほかの部門でも入賞と好成績。学生の熱意が結果に表れました。

    • 私たちのまちづくり提案(大阪市福島区)

      ひとりの建築家として、未来の「まち」を提案する。

      私たちのまちづくり提案(大阪市福島区)

      建築設計学科の学生がグループ設計課題として取り組む、「より良いまちづくり」に向けた提案。JR新福島駅周辺地域を対象に調査・分析し、福島区長へプレゼンテーションを行いました。

    • 企業研修

      インターンシップを通して、将来を考える。

      企業研修

      毎年、春と夏の2回、インターンシップ(企業研修)の機会を提供しています。普段学んでいることが、実際の現場ではどのように行われているかを体感する機会となっています。

    • 八木古民家再生プロジェクト

      地元の医大生・住民と協働して、古民家を再生!

      八木古民家再生プロジェクト

      奈良県大和八木の古民家を改装し、コミュニティスペース(カフェ+寺 子屋)を設計するプロジェクト。建築・大工・建築II部と3学科の有志が参加し、地元の医大生、住民とも協働して、現地調査から設計、施工(左官屋との土壁ワークショップも!)を担当しました。

    • 巨椋プロジェクト「結いの東屋」

      大工技能を生かし、農作業の休憩場をつくる!

      巨椋プロジェクト「結いの東屋」

      京都府宇治市にある家庭菜園「結いの畑」オーナーからの「猛暑時の 休憩スペースがほしい」という相談により、「棟上実習」(大工技能学 科の授業)で組み上げた骨組みの譲渡が決定。実習で生まれた骨組み が、農園関係者に愛される東屋として生まれ変わりました。

    • インドレストラン「Laxmi」project

      近隣のインドレストランへ 改装プランを提案!

      インドレストラン「Laxmi」project

      インテリアデザイン学科の産学連携課題として、近隣のインドレストラン「Laxmi」シェフ兼オーナーのシング・グラブ氏へ改装プランを提案。選抜された2作品は、店内にて展示されました。

    • うみべで!「すわろう」なにわの海の時空館 アイデアチェアーコンテスト

      OCTが利用促進アイデアを立案!

      うみべで!「すわろう」なにわの海の時空館 アイデアチェアーコンテスト

      「なにわの海の時空館」における空間の魅力を活かすデザインチェアーを学内で公募。大阪市と社団法人大阪府専修学校各種学校連合会の連携企画として、OCTが同館の利用促進アイデアを立案したもの。一般の来館者からの投票と同館で行われた審査会によって優秀作品が選定された。また、一般来館者とのワークショップも開催。

    • 山の学校(河内長野編)

      林業の現状から、建築について考える。

      山の学校(河内長野編)

      大阪府森林組合副組合長であり、山の所有者である奥野氏に、林業の現状などをヒアリング。また木の生育環境や地形を知るため、フィールドワークや間伐作業にも参加しました。

    • 彩都まちびらき10周年記念イベント

      専門的な知識を必要としない、ものづくりのおもしろさを伝える

      彩都まちびらき10周年記念イベント

      遊びながらロボットの操作を体験する子ども向けイベントです。ブースを出しロボット・機械学科がつくったピン球搬送ロボットも提供。子どもの無邪気な姿に、ものづくりの根源を再確認しました。

    • ARCHITECTURE AFTER 1995

      第一線で活躍する建築家と1995年以降の建築を考える。

      ARCHITECTURE AFTER 1995

      阪神淡路大震災をはじめ、都市のインフラの脆弱性が露呈した1995年を基軸に、以後の建築を模索する展覧会・ワークショップ・シンポジウムを開催。運営や模型制作にも携わりました。

    • 作品展示会「建築疾走」

      はじめての展覧会で、企画・運営を0から学ぶ。

      作品展示会「建築疾走」

      建築を学びはじめて駆け抜けた4ヶ月の軌跡を発表する建築設計学科1年生の展示会を、大阪のOKTギャラリーで開催。空間構成から広報物、講評会の企画まで、学生たちが手がけました。

    • 木造軸組み移設組み立て

      木造軸組みを新聞記事を通じて希望者にプレゼント

      木造軸組み移設組み立て

      大工技能学科で最も大掛かりな実習授業「木造建築軸組み実習」で製作した軸組みは、これまで実習終了後に廃材処理されていました。しかし、OCTに取材に訪れた新聞社がこの話を聞き、せっかくなら他の施設に譲って有効活用してもらってはと、新聞記事の中で引受先を募ったのが、このプロジェクトの発端です。そして、この新聞記事を通じて、多くの問い合わせをいただき、譲渡希望者はおよそ20組にのぼりました。

    • 全国海岸清掃ロボットコンテスト

      特別賞として地球環境賞を受賞!

      全国海岸清掃ロボットコンテスト

      毎年、岡山県玉野市渋川海岸で開催される、自作ロボットを用いて海岸の清掃を競うロボットコンテスト。参加した海岸ゴミ処理ロボット部門では、海岸上に撒かれたフィルムケースや空き缶、ペットボトルを5分間でいかに多く回収できるかを競った。2010年には特別賞として地球環境賞を受賞した。

    • 学外実習:滝川幼稚園ワークショップ

      大工作業を通して、ものづくりの楽しさを伝える。

      学外実習:滝川幼稚園ワークショップ

      近隣の幼稚園で園児対象のワークショップを実施。釘打ちなど大工作業の体験を行いました。また、これを機に、ツリーハウスの寄贈が決定。地域に根ざした活動も展開しています。

OCTでは、企業や地域と連携した産官学連携プロジェクトを積極的に取り入れています。
学生一人ひとりが、教室での学びを社会で実践し、学びを確かなものにするとともに、卒業後を考えるきっかけとなっています。