Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

OCT MAGAZINE

2010.03.03

労働安全衛生法に基づく「職長・安全衛生責任者」の講習会(厚生労働省認定)

建設業・製造業において、

作業員を指揮・監督するうえで

≪部下の健康と安全の確保≫ ≪労働災害の防止≫

を目的とした、労働安全衛生法に基づく「職長・安全衛生責任者」というものがあります。

 

職業教育の担い手として、

「職長・安全衛生責任者」の重要性を深く認識していることから、

このたび2日間の講習会を実施しました。

 

参加学生(建築2年Aクラス)にその感想などを伝えてもらいます。

【建築ものづくりYぐち・・・環境都市デザイン担当記者】

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

私達は、2月20日と2月27日の2日間に渡り

「職長安全衛生責任者教育」と呼ばれる講習会に参加受講しました。

「職長安全衛生責任者」とは、

建築工事現場あるいは生産業の工場等で作業員の安全や衛生を管理する立場のことを言い、

リーダー的な役割も担っています。

この講習会では、

そういった「作業員の安全や衛生をどのようにして守るか」という数々の場合について、

考えたり方法を教わったりしました。

またこの講習会では、「グループ討議」といった5人程度の人で1グループをつくり、

各グループごとで作業員の安全や衛生を守る方法を考える機会がありました。

グループのメンバーで出した方法や案をグループ代表者が発表する形で、

やはり各グループごとの方法や案は様々であり、そういった所でも勉強になりました。

この2日間の講習会で思ったことは、

安全や衛生について考えることは何よりも大切なんだなぁということです。

また安全や衛生を守るにあたって、

作業員とのコミュニケーションを上手に取ったり、

作業員の個性や気持ちを理解することも大切だなぁと思いました。

そして、これからは工事現場や工場等と限定しないで、

自分達の身近な場所の安全や衛生についても考えてみることも大切だと思いました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////