大阪工業技術専門学校

学科紹介

ロボット・機械学科の授業2年制・昼間/高等学校卒業者~社会人対象

学校案内
授業PICK UP 製作実習Ⅰロボット機械専攻

担当教員:大田清人先生、和田実先生

授業PICK UP 製作実習Ⅰロボット機械専攻

ゼロからロボットをつくり、
全国専門学校ロボット競技会出場

障害物を察知し、敵のロボットをセンサーで見つけ、追い出して競うロボット競技会。どのようなロボットを製作するべきか、チームで試行錯誤しながら取り組み、ロボットのしくみ、ものづくりの楽しさを体験します。

Voice / 担当教員の声

Voice / 受講者の声

時間割(例)
時間
1 9:20〜10:50 材料力学Ⅱ 加工技術 基礎製図 コンピュータ演習
2 11:00〜12:30 流体力学 ソフトウエア演習 キャリアデザイン テクニカルイラスト
3 13:20〜14:50 CAD実習Ⅰ 製作実習Ⅰ 製作実習Ⅰ 電子回路 特別講義(不定期)
4 15:00〜16:30 要素設計
授業PICK UP 製作実習Ⅰ電気機械専攻

担当教員:宮川八州美先生

授業PICK UP 製作実習Ⅰ電気機械専攻

デジタル時計から
電気の仕組みを知る

デジタル時計を一から製作し、デジタルのしくみや配線の構造を習得する授業です。デジタル時計の製作を通して、身のまわりの電気がどのようにできているのかを知り、電気の基礎への理解を深めます。

Voice / 担当教員の声

Voice / 受講者の声

時間割(例)
時間
1 9:20〜10:50 材料力学Ⅱ 加工技術 基礎製図 テクニカルイラスト
2 11:00〜12:30 流体力学 ソフトウエア演習 キャリアデザイン コンピュータ演習
3 13:20〜14:50 CAD実習Ⅰ 製作実習Ⅰ 製作実習Ⅰ 電子回路 特別講義(不定期)
4 15:00〜16:30 要素設計
授業PICK UP 製作実習Ⅱ

担当教員:岩井伸郎先生、堀部達夫先生、宮川八州美先生

授業PICK UP 製作実習Ⅱ

部品の加工から製作まで
1年間かけてチームでつくる

これまで学んできた知識・技能を応用し、卒業制作に臨みます。チームを組み、アイデア出し、設計、加工、測定などを実施するほか、予算、完成までのスケジュールを立てることで、現場で働くことを想定し、進行も意識して製作を行います。

Voice / 担当教員の声

Voice / 受講者の声

時間割(例)
時間
1 9:20〜10:50 工業英語 製作実習Ⅱ(卒業制作) 総合製作実習
(卒業制作)
キャリアデザイン CAD実習Ⅱ
2 11:00〜12:30 熱力学 機械設計Ⅱ
3 13:20〜14:50 製作実習Ⅱ
(卒業制作)
機械力学 産業機械 CAD実習Ⅱ 特別講義(不定期)
4 15:00〜16:30 機械設計Ⅱ

卒業制作

スターリングエンジン

スターリングエンジン
制作者:橘 美樹さん、寺野 まいさん、西村 亮祐さん

2足歩行ロボット

2足歩行ロボット
制作者:藤本 靖さん、三島 渉吾さん

多足歩行ロボット

多足歩行ロボット
制作者:田中 琢巳さん

マイクロ風力発電機

マイクロ風力発電機
制作者:池田 知明さん、徐 輝さん、中道 稜介さん、パホンヨテン・ダンさん、平井 康博さん、福永 規広さん、山﨑 滉平さん

卒業制作を見る

ロボット・機械学科 講義要網

  授業科目 授業内容

基礎製図 機械製図規格および関連法規を理解し、製作図その他の図面管理能力を育みます。
製作実習1 加工の基礎や電気回路の基礎を実際に学生たち自身で作りながら学習します。
製作実習2 ロボット大会の出場に向け、有線型ロボットを自分たちで考え、製作します。
CAD実習Ⅰ コンピュータによる図面作成を通じて、技術者に不可欠なCAD製図を学びます。
制作実習3 アクチュエータ実習、アームロボット実習、マイコンロボット製作を行います。
制作実習4 歩行ロボットの製作、金属材料の加工方法や手仕上げ作業について学習します。
制作実習5 学生自らテーマを見つけて研究し、図面作成を行い、製作に取り組みます。
CAD実習Ⅱ CADの特性や機能を応用し、外部団体のコンペでアイデアと製図力を試します。

コンピュータ演習 ワード、エクセル、パワーポイントいったPCソフトの操作方法を習得します。
材料力学Ⅰ ロボットにどのような動きをさせるかを決定づける、力学の基本を学びます。
テクニカルイラスト 自分のアイデアを正確に伝えるための手描きスケッチの力を養成します。
製図・情報技術 CAD製図法の国際規格と国家規格(JIS規格)による製図法を学習します。
電気概論 実際に回路を作るなどの実習も交えて、電気の基礎について学びます。
工業材料 各種材料の特性・組成・用途等の理解を深め、有効利用する能力を養います。
数学演習 多彩な演習問題を通じて、専門科目を理解するのに必要な数学を学びます。
材料力学Ⅱ 力学的に見て効果的な材料の使い方ができるよう、設計での応用力を高めます。
加工技術 加工方法について、加工機械と加工したものを例にしながら学びます。
要素設計 機械の機構設計に必要な機械要素の設計を中心に学習します。
電子回路 電子の基礎理論や応用事例を学び、電子の効用や電子回路の動作を理解します。
ソフトウエア演習 C言語によるプログラミングの考え方や基本的なアルゴリズムなどを学びます。
図学 立体図学を重点的に学習し、立体の認識力・理解力を深めます。
流体力学 水や空気などの流体の運動法則について、基礎的な知識を身につけます。
プロダクトデザイン 3Dソフトでモデリングし、物を三次元で考え形状を把握し、デザイン力を磨きます。
3D-CAD 3D-CADをツールとして、設計・デザイン・製図の効率化を図ります。
マイコン制御 マイコンにはどんな役割、どんな可能性があるのか、実習を交えながら学びます。
機械設計 これまで学んだ力学系授業を活用し、どのように機械を設計するかを学習します。
自動車工学 動力性能やプレーキ性能など、自動車の基本事項について理解を深めます。
福祉機器 高齢化社会に求められる福祉機器や住環境についての理解を育みます。
ロボット技術 ロボットの現状と今後について理解し、ロボットの仕組みや考え方を学びます。
熱力学 数式より考え方に重点を置き、機械設計を行う上で必要な熱力学を学びます。
工業英語 専門的な文献や雑誌、カタログなどが読めるよう工業英語を身につけます。
センサ技術 いろいろな工業量を電気信号に変換してとらえるセンサについて学びます。
自動制御 工場、事務所、家庭など、多様な場面で活用される自動制御の技術を理解します。
冷凍・空調 冷凍工学、空気調和の基本的事項について、演習を交えて学習します。
機械力学 多くの例題や演習に取り組みながら、理論的に力学についての知識を養います。

Page Top

入学に関するお問い合わせは0120-0910-19 携帯電話・PHSからもご利用いただけます